お知らせ

「ほっと💛おもたせ」について【〆切:令和3年3月24日(木)】

京都府共同募金会からのお知らせです。

お弁当配布を行っておられる子ども食堂を対象に
福祉作業所で作られたクッキーを支援する助成プログラム
「ほっと💛おもたせ」4月から6月分の受付をいたします。

子どもたちと居場所のつながりを絶やさないツールとして、
「ほっと💛おもたせ」を活用いただければと考えております。

コロナ禍で試行錯誤しながらの運営かと思います。
ぜひご利用ください!

◎案内文、申込書はこちらからダウンロードしてください。

〆切:令和3年3月24日(木)

 

「子どもの居場所づくりオンライン座談会」のご案内

「コロナの1年 これからの子どもの居場所づくりとは-運営者が受け止める子ども・親のニーズとサポートのあり方を考える-」と題し、オンライン座談会を開催します。

 子ども食堂や学習支援をはじめとする子どもの居場所は、子どもたちが安心して過ごす居場所としてはもちろん、地域の大人や社会とつながることができる居場所としても、非常に重要な役割を担っています。 今回は実践団体が感じる現状を共有し合い、これからの子どもの居場所づくりについて考えます。 ぜひご参加ください♪

ちらしダウンロード

 

【出演者】
 特定非営利活動法人山科醍醐こどものひろば理事長 村井琢哉氏
 嵐山子ども食堂 髙畑高嗣氏
 ひまわり食堂(コミュニティスペースsacula)
 木村友香理氏

【申込方法】
 メールで 1)氏名、2)電話番号、3)所属(または団体名)、4)メールアドレスをお知らせください。

【申込・問合せ】
社会福祉法人 京都市社会福祉協議会 地域支援部
TEL:075-354-8732
FAX:075-354-8738
Email:commu@kcsw.jp
※オンライン会議アプリZoom(ズーム)にて子どもの居場所づくり実践団体の座談会を生配信します。
※後日、本サイトにも当日のダイジェスト版を掲載予定です。

災害用備蓄物資の譲渡について【〆切:令和3年1月22日(金)】

 京都市子ども若者はぐくみ局からのお知らせです。

 

 災害時には必須の備蓄食!

 この機会に、一度食してみませんか。

 

(以下、京都市子ども若者はぐくみ局発行通知文より引用)

京都市行財政局では,これまでから災害用備蓄物資の一つとして「補助食品(クッキー)」及び「飲料水」を備蓄しておりますが,賞味期限が付されていることから,期限が迫ってきた「備蓄品」を有効活用するため,市内の子どもの居場所等に無償で譲渡します。

 

1 譲渡物品

  ・補助食品(クッキー) 1箱100食入り

  ・飲料水        1箱 24本入り

2 受渡場所

  京都アクアリーナ(京都市右京区西京極徳大寺団子田町64番地)

  ※受渡日程は、2月末から3月を予定。決まり次第改めてご連絡いたします。

  ※配送はできません。各団体において現地での受取りをお願いします。

3 その他  

受取りが可能な団体様は連絡票(下記よりダウンロード)に希望数を記載し,令和3年1月22日(金)までに子ども家庭支援課(担当:坂本)までメール(saqbc787@city.kyoto.lg.jp)又はFAX(251-1133)にてご提出ください。

 詳細は、以下PDFデータをご確認下さい。

通知文(PDFファイル)

連絡票(PDFファイル)

 

【南区】「第18回親子みんなでつながろう!」オンラインをYouTubeにアップしました。

 南区社会福祉協議会からのお知らせです。
 (以下、南区社会福祉協議会ホームページより引用)

 「親子みんなでつながろう!」は、はじめて子育てをされる方が、地域の中で安心して子育てができるように、保護者同士の仲間づくりや、身近な子育て支援者や関係機関等とつながっていくきっかけづくりを目的として、平成15年から開催している「親子つどい型イベント」です💕

🌸今年度の企画の趣旨🌸
 今年はコロナ禍で“みんなで集まる”ことが難しい…。
 でも、そんな時だからこそ、赤ちゃんとのコミュニケーションを深めたり、一人ぼっちにならないようにつながりづくりを進めたい!!との思いで「親子つどい型イベント」に代わる“つながる企画”を準備しました。
  動画を観た後は、ぜひ近くの児童館や、保育園、子育てサロンにもお出かけしてみてくださいね!

リンク先→南区社会福祉協議会ホームページ